如何にしてスタイルシートを書くべきか?─ CSSの小ワザ集

当サイトではホームページを作成する際のCSSの実践的な書き方について考察しております。

スタイルシートを使用することにより、より表現力豊かなウェブデザインの実現が可能になりますが、いくらデザインの感性が優れていたとしても、それを実際にホームページ上で表現するためにはCSSのスキル習得が必須の要素です。csstux.comではウェブデザイナーの感性をホームページ上でいかんなく発揮できるよう、CSSの書き方に関する小話などをご紹介しております。

昨今、CMS - content management system - の出現により、ホームページの作成環境はますます手軽になってきてはおりますが、どれほどCMSが高機能化しても、実際にサイトのデザインを変更するには、スタイルシートの知識は必要不可欠です。

また、最近は閲覧環境も多様化してきており、タブレット端末やスマートフォンなど小型端末でホームページへ訪問されるユーザーも多くなってきました。

従来までのホームページの作り方でいえば、単にHTMLとスタイルシートを使用して作成しておけば、それでよかったわけですが、最近は多様化する端末環境に合わせたレスポンシブ・ウェブデザインなどのスキルにも適合する必要が出てきております。

ネットの急速な変化に対応するには、最低限、htmlとスタイルシートの習得は必要不可欠といえますが、基本となるCSSとHTMLの書き方についてはそれほど大きな変更はありません。HTML4.0からxhtmlへ、そして現在ではHTML5へと変遷してはおりますが、根幹の部分ではさほど変化はしていないのが実際のところです。

当サイトでは、スタイルシートの書き方や基礎知識などは特にご紹介してはおりませんが、機会があれば、関連書籍を用意して体系的に習得されることをおすすめします。

当サイトでは主に、ウェブ標準では対応しきれないやりきれない思いや悩みなどを更新していく予定です。